『四代目・大和辰之』クセっ毛保育士と掘られヤクザ、覚えている? あの日の約束。

あらすじ

 保育士 × 893の跡取り 

関東中心に勢力を広げる一大ヤクザ組織・大和会(おおやまとかい)。
その四代目である大和辰之(おおやまとたつゆき)はある恋に破れ、腑抜けた生活を送っていた。
見かねた若頭・浅生田(あそだ)はそんな彼に九州地区を統括させようとする。
だが福岡に着いても気分は乗らず、飲み歩いて公園で寝ていた辰之は、
突如何者かに連れ去られ、欲望にまみれた一夜を過ごす——!?

人気コミック「みのりの手」スピンオフ作品。
新鋭スカーレット・ベリ子、待望のデビューコミックス。
描き下ろし「非日常が日常」も収録。

電子書籍で人気爆発 Renta!2015年BLコミック部門、上半期ベストセラーランキング、第一位!

【コミックス版】四代目・大和辰之

【コミックス版】四代目・大和辰之

【コミックス版】四代目・大和辰之

[著]スカーレット・ベリ子

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★☆
エロ度 ★★★★☆
表情豊か ★★★★☆
ドンピシャ度 ★★★★★

レビュー

こんにちは、春のスカーレット・ベリ子祭2冊目。
大本命『四代目・大和辰之』です。
前回『みのりの手』で登場した大和辰之のスピンオフになります。

前回のあらすじ
関東中心に勢力を広げる一大ヤクザ組織・大和会。
その四代目である大和辰之は家業を継ぐのを嫌がっていたが、
若頭・浅生田に送られた整体院の整体師・重藤稔によって調教されてしまう。
仕事に真面目に取り組みだした辰之だったが、
稔は長年の未練を断ち切り、想いを成就させて整体院を閉院。
辰之の前から姿を消したのであった——。

シリアスっぽく書きましたがそうでもありません。
なすすべもなくかなりあっさり失恋してます。
はやく辰之を幸せにしてあげたい……。

例によって今回もあらすじを読まずに読み始めました。
表紙で興味を持つものとあらすじで興味をもつものとありますが、
表紙で興味を持ったものは色々自分の中で妄想し、
期待が膨らんで良くも悪くも期待が裏切られたりして楽しく読むことができます。
今回、受けは把握していましたが攻めは全くの予備知識なしでした。
が、これがドンピシャ!
女顔で保育士で優しいお兄さん攻め
! 最高か?
個人的に、前回のみのり先生よりこっちの先生の方が可愛くて好みです♡

萌え要素ピックアップ登場人物紹介

大和辰之・受け

凶暴凶悪ヤクザ。24歳。俺様でわりとえっちにもノリノリ。
の過去を知って守りたいと思う(そして守る)。
尻で抱くタイプの包容力受け。

小鹿望・攻め

ゆるふわ系保育士。多分辰之より年上。
女顔を眼鏡で隠している。辰之のことが大好きだが無理強いはしない。
絶望の淵の中、辰之に救われた過去がある。死にたがりの生きたがり。

櫓木

が勤めている保育園の園児の父親で金貸し(金融)。
旧知の仲である辰之の父親が好きで、
辰之を利用し父親を手に入れたいと思っている。

ストーリー

四代目になるための修行と称して、
九州ブロックを統括してくるように若頭・浅生田(あそだ)は辰之福岡に送り出す。
しかし、どうしてもみのり先生を思い出してしまう辰之は福岡の繁華街でヤケ酒を煽っていたが、
悪酔いして夜の公園で倒れているとみのり先生に似た男に助けられる。
そのまま男の家で介抱されるが、みのり先生だと思い込んでいる辰之は男を誘う

aomi
焦がれて焦がれてずっと待ち望んでいたみのり先生に抱かれ(ていると思ってい)る辰之が与えられる快感に従順で健気でとっても可愛い……!

あつ~い一夜が明けて、目覚めて混乱している辰之をよそに暴走する謎の男。
「ずっと……会いたかったよ!」
誰だこいつってなりますよね。笑
逃げようとする辰之に、昨晩の動画(男は記念と言っている)を撮られていたということが分かる。
「運命の人だ」とか、「俺の人生を変えてくれた」とか、「昨日は素敵だった」とか、
相手のペースに流され、男はそのまま出かけて行ってしまう。

動画を消去するために、男が書き置いていったメモの場所へ行くと、そこは保育園だった。
男は小鹿望という名前の保育士だということが分かる。
どうして辰之のことを知っているのか、話は彼の悲惨な過去の話に遡る。

その話を聞いた辰之は昔のことだと、家業だって継ぐつもりはないと突っぱねる……。

辰之が保育園に来ている際に娘を迎えに来た櫓木とひと悶着後、辰之に対して
「デートをして、その時間内に自分に気付かれずに
上着のポケットからスマホを奪い取れたら例の動画を消す」

という勝負を持ち掛ける。
条件をのむしかない辰之の執着ぷりに対して迷惑そうに
「気持ち悪ぃんだよ」という言葉を投げるが、
「端から好きになってもらおうなんて思ってない」ということを伝える。

aomi
想うことだけで満たされている辰之に対する恋心に健気萌え……。
自分の人生を救った辰之の存在がそれほど大きいんだろうね。かわいい。

自己嫌悪に陥り、夜の街で暴れた際にソープから逃げ出した女を
捕まえに来た黒服の邪魔をしてしまったことでオトシマエをつけることになってしまった辰之
ソープが櫓木の店だったことから、櫓木に女の借金も合わせて2000万を請求されるが、
父親には頼ることは絶対にしたくない辰之
前回保育園での様子を見て、の過去を知っている櫓木は辰之が寝たことを察して
の身体を使って支払わせてもいいと持ち掛けてくる。
そんなことさせられるかと逆上した辰之だったが、
「君には何ができるの? 」という櫓木の言葉に反論できず……。

aomi
櫓木に抱かれる前に、
には何も言わずにたくさん抱かれるのが萌えです……。
自分のために身体を鍛え、
自分のために生きてきた目の前の男を味わう辰之
確実に辰之の気持ちがに傾いてきているのが分かる……;///;萌

その後の萌えポイント
電話越しにに名前を呼ばれ心地よさと切なさの中で別の男に抱かれる。
普段は温厚な辰之のことになると激情を露にする。
櫓木の辰之の父親に対する想いの行方は……。

読み終えて

後日談の二人の甘くてえっちな描き下ろしもあって読み応え満載の一冊でした。
やっぱり受けながらも攻め気を忘れない辰之がえっちで可愛い。
押され気味のが雄むき出しにしてくるところも相当萌えます。
の不意に出てくる博多弁も可愛い♡
あと、出会った当初は辰之に奉仕の人だったがわがまま言っちゃったりして、
かなり二人の関係が深まってきてるのが分かる!!
なんだかんだ、辰之って包容力系の甘やかし受けなとこあるし、
二人の相性バツグンじゃない!?
関係性がより良い方向に傾いていってるのも素敵だなぁと思いました。
ラストは甘やかしてくれる辰之に対して分からないように泣きそうな顔してるが!!!!
親に愛されず、トラウマを抱えながら辰之を支えに生きてきて、
幸せになれてよかったね!!!!!!!!!涙

あ、このレビュー読み返してハッとなったけど、
最初は辰之を幸せにしてあげたい一心だったのに最後は素での幸せを喜んでた……。笑
でも辰之を幸せにしたことで辰之幸せになったね。
二人とも末永くお幸せに!!

ではではお付き合いありがとうございました!

『みのりの手』みのり先生の純情官能マッサージ日記

あらすじ

 美形整体師(総攻め) ×  893・芸能人・スポーツマン同級生 

評判の美形整体師、重藤稔(しげふじみのり)のもとには
ヤクザから芸能人までさまざまな客が訪れる。
ここで「スペシャル」な施術を受けた彼らは身も心も下半身も
リラックスして再び仕事に戻ってゆくのだ。
みのり先生のドSの入ったクールな性格も魅力らしい。
そんなみのりには雨の日に思い出すある記憶があった。
ぬかるみのグラウンドと、胸が締め付けられるようなあいつの笑顔と――。

その後のみのりと壮太の日常を描いた描き下ろし「日常会話」、
短篇「幸せのかたちB4サイズ」も収録した、
新鋭スカーレット・ベリ子、待望のデビューコミックス。
Renta!2014年BLコミック部門、ベストセラーランキング第1位!

【コミックス版】みのりの手

【コミックス版】みのりの手

【コミックス版】みのりの手

[著]スカーレット・ベリ子

ストーリー ★★★☆☆
作画 ★★☆☆☆
エロ度 ★★★★☆
表情豊か ★★★★☆
性癖を刺激する度 ★★★★☆




レビュー

お久しぶりです。aomiです。
目まぐるしい毎日でレビューを書くのが約二ヵ月ぶりになってしまいました……。汗
積み本が増える一方です。

今回ご紹介するのはスカーレット・ベリ子さん。
見た目攻めらしい方が受けだと評判で以前から気になっていた作家さんで、
先日職場の同僚におすすめされ、いざ読んでみようと立ち上がりました。

というわけでまだまだ寒い日も続きますが、春のスカーレット・ベリ子祭です。
ラインナップは下記のとおり。
みのりの手
四代目・大和辰之
ジャッカス!
個人的には『四代目・大和辰之』が非常に気になる……!
と、訴えると
『みのりの手』のスピンオフになるので『みのりの手』から先に読んでください
とのことでした。
ほほう。

ここからは基本的にネタバレになります。

カルテ①

っていきなり目当ての893キターーーー!?
初っ端から反抗的にキャンキャン鳴いててとっても可愛い。
893の息子だが跡目を継ぎたくないと息巻いてる大和辰之くんがやってきたのは
世話係に紹介された、重藤稔が営む整体院。
こういったタイプの職業モノの萌えって、
ズバリ医療行為に対して受けが気持ちよくなっちゃうこと。
えっちなことが目的ではなく、身体の不調と治すために施術されているのに、
触られるのが気持ちよくて身体が反応しちゃう。

そんな自分に対して恥ずかしくなるのとかとってもかわいいですよね。
治療なのに感じちゃってイケナイ子♡ってやつですよ。萌
辰之も同様、みのり先生に敏感な部分を触られ反応してしまい、
相手はただの優男だ静まれ静まれと自分に言い聞かせていたのですが、
みのり先生の優しそうな表情の裏に隠されたドSが発動。
筋肉を弄られて身体が麻痺してしまい、あれやこれやと快感を与えられてしまう。
実はこのみのり先生、世話係に頼まれて若である辰之の調教を頼まれていたのであった。

「お外に出たらいつもの怖いあなたに戻って お仕事をがんばる
ちゃんとできたらまたご褒美をあげる ね? お返事は?」

そんな甘く優しい言葉に頷くしかない辰之でした。
生意気で偉そうなDQNが優しいお兄さんの手練手管で従順になっていくの萌える~~!
施術が終わり、借金の取り立てに向かう辰之
先生に惚れたな。

カルテ②

先生の次のお客さんは裏表激しい生意気な芸能人です。
実は、あらすじを全く読まずに読み始めたので、
整体師が客を次々に抱いていくという流れだと知りませんでした。
ええーー辰之とはどうともならないの!?
まぁ、まさに先生的にはオシゴトの一つだったんでしょう。
健気でツンデレ可愛いDQN受けを愛して幸せにしてあげたい私はいささかショックでした。

「カルテ②」に関しては傷心だったことと、
あまり受けがタイプではなかったので割愛させていただきます。
ところどころイケメン青年風に描かれているのですが、
コマによって身体つきが細く華奢になったり顔が丸こく可愛くなったりしちゃうところが残念……。

カルテ③

表紙のカップリングで、これがメインのお話になります。
1、2話はわりとエロメインのお話でしたが、ここからガラリとシリアスに突入します。
「カルテ②」の芸能人編で整体院にカメラが入ったことで、
みのり先生をずっと探していた男が突然押し掛けてくる。
大学時代の同期で、みのりマネージャーをしていたサッカー部の元エースで恋人だった壮太だ。
壮太は大学時代に脚を壊していて、それを止められなかったみのりは自分を責め、姿を消した。

萌えポイント

1、昔の話をしようとする壮太無理やり犯して黙らせるみのり
2、尋ねるたび無理やりな行為を何度も迫られ、突き放されるが食い下がらない壮太
3、自分が許せないみのりを包み込む壮太スパダリ包容力受け

どんなに酷い抱かれ方をしようと、突き放されようと、
みのりを追いかけ続けた壮太がちゃんとセックスできた時、
もうどこにも行くなという意味で密着した体位を要求するのが萌え…♡
その後店を畳み、壮太の元で一緒に選手のサポートをすることになったそうです。
みのり先生幸せになってよかったね。

しかしですよ。
描き下ろしで辰之が先生に置いて行かれて失恋してるひとコマ。。。
切ないから早く幸せにしてやって!!

あと、この時はかなり不安定な絵柄で線も細いですが、
描き下ろしで絵が、というよりタッチ?など表現力含めた画力がごっつ上達されている……!
これがデビュー作らしいですが、次の作品読むのが楽しみです。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ

『好きな人ほど』好き好き うるせえよ……/Part.2

あらすじ

 新人営業マン × 怖い先輩 

毎日口に出して言ってやる――好きだって

厳しくて苦手な先輩・米田と付き合うことになった新人営業マン・飯田だが、
恋人同士になっても米田の態度は変わらぬまま、
残業中にオレ様な態度で性処理を強要される。
蔑まれた態度に限界を越えた飯田は米田を避けるようになるが、
米田の態度が愛情の裏返しだったと知る。

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★☆
エロ度 ★★★★☆
萌え ★★★★★
キャラがツボ ★★★★★
好きなひとほど

好きなひとほど

好きなひとほど

[著]はらだ

レビュー




好きな人ほど』の続きです。
前回あんなに長々と語ったのに↑にあらすじまとめたら5行で済んだよ。笑
米田がびっくりするほどのツンデレだと知り、
毎日言葉にして「好き」と言ってもらう約束を交わした飯田でしたが、
投げやりに言われたりして甘い雰囲気にならない時もある。
そんな毎日も楽しいと、思える飯田でしたが、
二人の関係に気付いていた同僚の麦田に、米田に抱かれていることを白状させられ

「ねぇ、狙っちゃおうよ 下剋上」

(楽しそうに)そそのかされてその気になった飯田だったが……。

いよいよ下剋上です。
「先輩を抱きたいです。抱かせてください」
と正面からお願いする飯田でしたが、案の定米田は嫌がる嫌がる!
普段掘ってるくせにいざ自分が掘られる立場になりうることを自覚した瞬間の米田の表情が素敵。
「童貞捨ててえならどっか風俗でもいって捨ててこい!」
(飯田は童貞じゃないみたいなんですけどね……童貞だと思い込んでる米田可愛い……笑)
その言葉にカチンときた飯田はそのまま出て行こうとするが……引き止めてくる米田!
身体が咄嗟に動いたような感じで不安そうな顔で腕を掴むのですよ!! ときめく。
言い忘れましたがここ風呂場なのでいつもオールバックの米田の髪の毛が落ちてるんですよね。
それも少し幼いような色っぽいような感じでむら……むら……。
そのままいい雰囲気に持っていき米田のお尻を弄っていると、妙に感度がいいことに気が付く。
「もしかして経験あったりします?」
「あんなの、もう、無理だ 怖いんだ」
(経験あったんだ!?!? 一話で俺様してた時も非処女だったんだ……最高)
怯える米田に「俺で忘れてくださいよ」と半ば強引に挿入すると、ものすっごい感じてる!!
米田は感じてしまうのが怖いのかな……とても可愛い。
米田を安心させるようにか、気持ちを抑えられないのか、
「好き」を連呼する飯田に対して、
「くそ……好き好きうるせぇよ……」と抱きしめ返す米田でした。
米田が本当に可愛い。可愛いしか言わなくてすみません。可愛い。
酒の席で付き合うことになった関係だったけど、
徐々に相手のことをちゃんと好きになってるんだなぁ……と、しみじみ。

ちなみに、前回話した「米田が飯田に対して酷い扱いをした理由」は、
自分が過去男に抱かれていたことで、ボロボロになった男としての自尊心を持ち直したいがためだったみたい。飯田的には理不尽極まりないことですが、下剋上できたから……よしとしよう。笑
やはり男同士なのでどちらも攻め・受けになりうることですから、お互い相手を抱きたいと思っていたり、相手だったら抱かれてもいいと思ってしまう二人っていいですなぁ。
愛と男を感じます。

と、いうことで下剋上編終わりです。

次回は
過去に米田を抱いたのは誰!?
米田のデレゲージがぐんぐん上がる!?
飯田は結構いい性格している。
の三本です。
嘘です。さすがにひっぱりすぎですね。
その後の二人については是非ご自分の目で確かめてくださいましたら嬉しいです。
本当に本当に二人とも可愛いので!
ではではお付き合いありがとうございました!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ




『好きな人ほど』苦手な先輩、一皮むいたら可愛くて……/Part.1

あらすじ

 新人営業マン × 怖い先輩 

先輩を抱きたいです。抱かせてください!!!

新人営業マン・飯田は厳しい先輩・米田がちょっと苦手。
ある日飲み会の席でさえもお説教される中、話の流れでなぜか付き合うことに……!
しかし、”恋人同士”になっても案の定オレ様な態度で命令してくる米田に対し、
ついに飯田の堪忍袋の緒は限界を迎え――。
米田の尻を狙う取引先社長も参戦し、どうなる?!
波瀾万丈な下克上ラブ!

好きなひとほど

好きなひとほど

好きなひとほど

[著]はらだ

レビュー




あらすじを読んでめちゃめちゃ楽しみにしていました。
だって怖い先輩を後輩が下剋上ですよ!?
ワクワクが押し寄せてくる。
ちなみにリバ要素がすこーーーーしだけあります。
始めは攻め受けが逆ですが、そっちの描写は回想で1コマ位なので固定の方は安心してください。

あとはらださんにしては結構ライトな話なのですが、
妙にストーリー解説が長くなってしまいましたので2回に分けます。
読みやすいのに読み応えがすごい。

萌えポイント

社員が厳しい先輩を下剋上!!

怖い先輩が抱かれてエロくなるギャップ!!

意外にも先輩は後輩が好き…? ツンデレ!!

まず先輩・米田の顔も態度も言うことも怖い。
こんな先輩いたらストレスで会社行きたくなくなるよ……。
毎日毎日ノロマだとかクズだとか怒鳴られ主人公の飯田もビビってます。
しかし飲み会のノリで二人は付き合うことに。というのも半ば脅迫で。
その後、シラフの時にラブホに連れ込まれた飯田は
ほぼ無理やり米田に抱かれてしまいます。
怖い先輩だとは言え、かっこよくて仕事もできる米田は飯田の憧れの存在。
少し戸惑いつつも先輩の言葉を受け入れた飯田でしたが……。

先輩の態度が付き合う前と後で全く変わらない。

そんな中、今夜も残業を先輩に付き合ってもらっていたら、
お詫びにフェラをしろと言われる。
フェラというよりもイラマチオに近いものを強要され、
あまりのことに口に出されたものを飲み込めずに咽ていたら
「仕事じゃなんにも役に立たねぇし
おまえはこういうことしてる方がお似合いだな

処理係くん

と言われてしまう。そらないよ……。
その言葉にショックを受けた飯田は泣きながらその場を去るが、
残された飯田の涙にびっくりした米田は、
自分がどれだけ酷いことを言ったのか分かってないようで。笑
投げかけられた言葉に傷つくと同時に、米田の態度は変わらなくとも
付き合っていると思っていた(思いたかった)飯田は悔しいと感じ、
それから米田に何を言われても避けるようになる。
そんな二人の様子を見かねた部長が気を利かせて
「米田は自分といる時は君の話ばかりしてくる」
「君は米田のお気に入り」
という話をしてくれる。
部長によると、好きな子にイタズラしたがる小学生の様だと言う。
それに対してやっぱり嬉しいと感じる飯田でしたが、そう思ったのも束の間、
いつも以上に怖い顔をした先輩に「なぜ避ける」と詰め寄られてしまう。
いやいやいや、避けるでしょ! とツッコミを入れる私でしたが、
米田は本当に分かっていないようで……焦っていて可愛いです。
「ちょっと(ちょっとじゃない)叱ったくらいで
ベソベソしやがって(そら泣くわ)女々しいんだよ!
当てつけみてぇに人のこと避けるわ(そら避けるわ)
ガキみたいなことしてんじゃねぇよ!(どっちが…笑)

こんなに理不尽な先輩ですが、なんだか憎めないんですよね。
だって妙に一生懸命で飯田のこと好きみたいなんですもの!
(ちなみに米田が飯田に酷いことをしてしまうのは理由があるので、それはまたのちほど)

「僕のことからかって楽しかったですか?」
と涙ながらに訴える飯田に米田が焦るのなんのって。笑
「テメェは俺にどうしてほしいんだよ!!」
と言う米田に対して、言葉が欲しいという飯田は、
毎日米田の口から「好き」という言葉を貰うようになる。

ここでやっと1話30ページが終わります。
読み応えすごい……あんまり長々と語るのもアレなのですが、
まだここまでは米田が攻めで飯田が受けの状態なんですよね。
ひっくり返るところまでは書きたい……!
のでもう少しだけお付き合いくださいませ。

下剋上回に続きます。

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★☆
エロ度 ★★★★☆
萌え ★★★★★
キャラがツボ ★★★★★

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ




『ガチイキ挑発ナイト』自分より男前なエース様を抱いたのに、敗北感しか感じないのは何故だっ!!

あらすじ

 俺様営業 × ヘタレ開発 

「今夜も抱けよ?」

営業部のエースで、ノンケからも「抱かれたい」と言わしめる松井。
お調子者かつ、欲望一直線で振られまくりな開発部の里村。
対照的なふたりは、社内では仲良し4人組の一員だと思われている。
……のだが実は、里村は自分の劣等感を刺激する松井が大の苦手!
それなのに、松井と自宅でサシ飲みをすることになって……!?

そのほか、視線で勃起するボクサー、元ヤン従兄弟が甘えん坊すぎる件、
部下をかばっておしおきされる中間管理職……等々
商業誌デビュー作を含め、様々なシチュエーションで筋肉を堪能できる筋肉充な作品集です!

ラブラブな後日譚描き下ろし+あとがきはたっぷり25P収録!!!

Renta版サンプルは別タイトルです。
Kindle版サンプルは表題作。

レビュー

私の好きそうなBL漫画を見つけるとお勧めしてくれる友人がいるのですが、
今回その友人にお勧めされたのがこれ。

『ガチイキ挑発ナイト』

タイトルからしてすごい。
続編と描き下ろしのタイトルが、

『ガチイキ誘発ナイト』

『ガチイキ爆発ナイト』

なんだこの愉快な気持ちは!笑
友人が私をどんな目で見ているのか不思議でなりませんが、大変美味しゅうございました。

表紙の攻めオーラびんびんの男性が受けですが、
見た感じ上司に乗っかられちゃう年下攻めかなー。と思っていたら、同期でした!
受けはイイ男系の余裕がありそうな容姿ですが攻めと勝負する時はムキになったり、
余裕がなかったり、アホな攻めと同じ次元で主導権を奪い合いギャアギャアしているのが
男の人っていくつになっても少年のよう……(おバカとも言う)
主導権を取ると気分がよくなって偉そうにドヤ顔やザマァ顔をしたりするのですが、
攻めに主導権を握られたらあら可愛い!!
可愛く悩まし気な表情で喘いじゃってます。
しかしエッチなことに対して結構ノリノリなのが雄臭さMAXでまたツボ!!
淫乱とはまた違って性欲!って感じがします。
攻めはアホですが仕事はできて、自分の肉体にも自信がある性欲魔人 。
(しつこくて女の子にフラれてばかり)
泣き落としで道具使わせてもらったり、情けなくて格好がつかないヘタレですが、
性欲魔人かつ探求心が強いので調子に乗ってオラオラしてくれます。
けど早漏。笑

表題作の他にも、
後輩に見つめられるとそこかしこで興奮して勃起してしまう先輩ボクサー受けも可愛かった……♡
全裸に靴だけってとてもいい……。

胸筋!腹筋!大臀筋!そして騎乗位!

強そうで偉そうな筋肉の淫らで可愛い姿が見たい方はぜひぜひ。

ストーリー ★★★★☆
エロ度 ★★★★★
雄臭さ ★★★★★
作画 ★★★★☆
性癖のド真ん中度 ★★★★★



ストーリー

容姿・人柄・仕事すべてに対してスーパーハイスペックの受け・営業の松井に敗北感と劣等感を感じまくっている攻め・開発の里村
他の飲み仲間2人のドタキャンにより2人でサシ飲むことになり、どうにかして松井に勝ちたい里村は酒の勝負を挑むが、
いつの間にか下半身事情の話になり酔った勢いでどっちが我慢できるかオナニー勝負に。

本当に、男同士!って感じで読んでてとっても楽しいです。
松井が優位に立ってわたわたしてる里村を楽しんでるのも可愛い。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。

『きっと恋に違いない』まさか同期の男が自分を好き――?

あらすじ

 30代リーマン課長同期同士 

なぜ、こんなにも月曜日が待ち遠しい?

偶然のぞいた同期の牧野のパソコンに大量に保存されていた自分の写真。
そういえば出張土産を俺だけにくれた。
もしかして俺のこと好きなのか?
佐々木の戸惑いの日々が始まった――。
迷走気味な恋の行方を描く表題作シリーズ2本の他。
ゲイビデオに出演するはめになったエリート官僚の隠された欲望を描く
「おまえのいちばんイイ顔を」収録。

レビュー

以前別の作品の記事でおすすめした西田東さん、作家買いしている方のおひとりです。
画力が高いとは言えませんが、絵で食わず嫌いしているリーマン好きのお姉さま方はぜひとも読むべき……!
福本○行や西森○之も中毒性の高い絵柄(個人的な嗜好)をしているように、不思議と徐々に西田東さんもこの絵柄だからいい!という気持ちになってきます。
人気も高いので、私と同じ考えの方も多いのではないでしょうか。
漫画はギャグ、シリアス、殺伐、ピュア、などさまざまな作品を描き分けますが、共通しているのはテンポのよさと何気ない小さなコマの会話でも面白いところ。
主に大人の男性同士のお話が中心で、そんな大の大人でもお茶目さやふとした可愛さが見えたりと、登場人物の魅力が引き立ちます。

作品の傾向はサラリーマンのお話が多く、この作品も課長同士のお話です。と、言ってもお仕事バリバリキャリア系ではなく、どちらかと言えば平凡な毎日の中で繰り出すホモ……
えっ! あの一課の課長と二課の課長が!?
みたいな感じです。
残業だってするし出張だって行くし商談だってするしやきとり屋に飲みにだって行くし適齢期なのにいいなと思った女性には軽く振られるし若い女性社員には男とみられてないし……。
そんなどこにでもいそうな30代男性の恋!! ピュアです。

発行が白泉社だからでしょうか、エロは少なめ。

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★☆☆
エロ度 ★☆☆☆☆
面白度 ★★★★☆
いじらしいピュアな大人の男度 ★★★★★



「それはまるで恋のような」「きっと恋に違いない」

独身男性が年甲斐もなくドキドキしたりドタバタしたりと楽しかったです♡
牧野(表紙左)のパソコンを触っていると自分の写真フォルダを見つけてしまった佐々木(右)の混乱と疑心暗鬼のターンがとにかく長い。
長いのですが、テンポがいいのでとても楽しくて可愛くて。笑
佐々木が牧野のことを意識してしまう過程も楽しめました。

そして二人が付き合っている2話、天体観測のシーンは反則だ!!
今まで男同士だとか、本当に相手は自分のことが好きなのかだとか、元の関係に戻った方がいいのではないかだとか、ぐるぐるドタバタしてたのに、相手を見ながら「ああ、自分はこいつのことが好きなんだな」と思ってる表情と、夜空を見ながらしっとりと切なくキスするのが堪らなかったです。

受け攻めどちらがどうとはっきり分かりませんが、最後に少しだけあった今後起こり得るかもしれないエロシーンを見る限り牧野が受けのようで?
でも1話では逆の雰囲気みたいだし……お好みでどうぞ!笑

「おまえの一番イイ顔を」

 AV男優 × エリート官僚 

社会からはみ出しているワイルド系の攻めとエリートで潔癖そうな受け。真逆の二人です。
省庁で働く柏木の元へ、連帯保証人として友達の借金を肩代わりしなければならなくなった妹がAVに出演するという電話が。
急いで現場へ行ってとりあえずの所持金を叩きつけ止めさせようとするが、その場にいたAV男優の河瀬に、代わりにお兄さんが出演してくれるなら妹の件も借金の件もチャラにするという話を持ち掛けられ身代わりになることを決意する。
手コキのみで開放してもらったが、後日柏木の元へ河瀬が「あんなビデオに出演したなんてバレたらクビ飛んじゃう?」と半ば脅しのように身体を要求してきて……。

「あとがき」

西田東さんのコミックスの名物がこのあとがき。
主に漫画や絵について書いているのですが独特のテンションがクセになります。

やっぱりこれを読んで欲しい



 ピアニストになれなかった実家のケーキ屋見習い(平凡でやわらかい雰囲気のお茶目系)
 ×
 893幹部(頭のネジぶっとんでる天然強面系)

一番好きな作品です。
先にレビューを書こうと思ったのですが、長くなりそうでまとまりきらないのが目に見えてるのでとりあえず読んで欲しい。切実に。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。

『コオリオニ』――ヤバい男たちが組んだ

あらすじ

 刑事 + 893幹部 

1990年代、北海道――…
全国を震撼させる警察の不祥事が幕を開ける。

1990年代、警察庁は相次ぐ拳銃事件の対策として全国的な銃器摘発キャンペーンを始める。
全国の警察は厳しいノルマを設けられ、
それをこなす為に警察がヤクザと手を組むという点数稼ぎのデキレースが横行した。
そんな中にエースと呼ばれる男・鬼戸圭輔はいた。
彼は何人もの犯罪者を情報提供者として飼い、北海道警察の中で一際多くの拳銃を”摘発”していった。
そして彼は自分の運命である誠凛会の幹部・八敷翔に出逢ってしまう。
より大きい山を当てるために鬼戸は柏組の武器庫に目を付け、八敷を潜入捜査に誘う。
八敷は薬の密輸入を目溢しすることを条件に鬼戸と組む。
二人は甘美な成功を期待して潜入捜査に乗り込むが――。
男達が自らの欲望の果てに見た景色とはなんだったのか。
息を吐かせぬ展開で描く渾身のサスペンスBL。

レビュー

読書中ずっと「まともな奴がいない…」と思いながら読んでおりました。
読了後どうしたらこんな話を思いつくのか作者さんの頭の中を覗いてみたい気持ちになりました。
複数もの事柄、過去、人物が絡まり合って二人の主人公の結末に繋がります。
さながら映画を観終わったかのような疲労感を味わいました。

本を手に取り十数ページ軽く読んでみて、軽く読むだけでは話が理解できずに始めから読み返しました。
半分くらいまで読んで、展開の速さから
もしかして下巻から読んでしまったのではないか」(時々やらかす)
と表紙を確認しました。上巻でした。
上巻はひたすら読者を物語に引っ張ってきます。
二人が出会い、エス(警察と情報提供者)として組むことで事態はどんどん後戻り出来ない方向へ向かいます。
鬼戸も警察だからと言って綺麗ごとなどありません。汚い世界です。
上巻では鬼戸のことは表面上のことしかわかりませんが、下巻で鬼戸のことを詳しく知ることができ、物語に入り込むことが出来ました。その過去というのも洒落にならない過去です。
ブルータス!お前もかい!」という気分です。
一見優し気な熊さんのような印象ですが、その笑顔の理由を知り衝撃を受けました。
(下記ネタバレ参照)

出会わなければよかったというわけではなく、
出会ったことで少しだけお互いの人生がマシになったという感じ。
出会ったことで人から外れた感じはありますが。
それが幸か不幸かを考えるのが面白いところ。

所々のコミカルな描写で人間味が伝わり、病み部分とのギャップが際立ったと思います。。
始めにも書いた通り、主要人物にまともな人が一人もいないのでそういった男たちの依存関係に萌えました。
しかし自分のせいではなく幼少期から不幸であったことに胸が痛い。

ストーリー ★★★★★
エロ度 ★★★★☆
視覚的・心理的グロ度 ★★★★☆
疲労感 ★★★★★
忘れられない作品度 ★★★★★



キャラクター

鬼戸圭輔[攻め]

北海道県警の刑事。
大柄+髭という強面だが優しい印象。
正義感のあるタイプかと思いきや目的のために手段を選ばないところがある。
過去結婚していたが、出産間近に妻が玄関で転び流産している。

八敷翔[受け]

誠凛会の幹部。母親がロシア人。
笑って他人の臓器を売り飛ばすタイプ。罪悪などの類が欠如している。肉が苦手。

世界観

作者さんの世界観の作り方には感服いたします。
まず物語の舞台が北海道だということ。
893モノのほとんどの舞台は大体が東京ですよね。
そこで北海道を選んだというのが、公にされていない影の部分を知ってしまった気分になることや、地域特有の習慣や風習、過去の出来事を取り入れることでより、リアリティが増していると思います。
あと北海道県警は過去に不祥事もあったそうで。調べてみたら元ネタでした。(「稲葉事件」参照)
そして、時代が1990年代ということ。
過去には蔓延っていたえぐい犯罪等を思い出してみれば、こんなこともあり得るかもしれないと思ってしまいました。
飲酒運転も咎められなかった時代ですからね。
恐るべき世紀末。
最後に、警察と893の関係性、特に893関連の情報量の多さ。
おくづけのページの資料の量を見て納得いたしました。
作者さんの巧妙な世界観作りのおかげで非現実が現実のようになっています。
私は初めてこの方の作品を読みましたが、元々こういった世界観が好きなのか、よほど勉強や取材をされたのか。
本当にすごい。
しかし現在は引退されているようですね。残念……。

結末と描き下ろしについて

作画

作画はクセがあり読む人を選ぶかと思いますが世界観に合っています。ただひとつ惜しいと思ったことは、話が進むにつれ八敷が女々しくなっていったこと。上巻はちゃんと男の人というイメージなんですが、なぜか下巻になったら所々女々しさが見受けられます。描き下ろしではもう女子です。セックスの時(理由ありき)以外は女々しい仕草は取り除いて欲しかった……。

まとめ

ハードな世界観が好きな方にはピッタリのお話です。本当にえげつないほど893な世界なので、暴力、輪姦、キメセク、フィスト、殺人、指を詰めたりは基本です。グロ耐久の無い方にはおすすめできません。読み込むと軽く3日は引きずりそうな濃厚さがあります。ただ、グロなのに平然とやってのけてるところはライトかもしれない。心の葛藤や、ボコボコになった顔の描写は細かいのに、痛みに対しての描写は少ないと思いました。

おすすめ作品

物語が進むうえで、明るい未来が待っていないのは間違いないのに、二人の最後を見届けたい。どこかに救いを見出したい。という感覚から思い出したのが中村明日美子さんの「ダブルミンツ」。こっちもお互い頭のネジがおかしいタイプですね。「コオリオニ」ほど濃厚な世界観ではないですが、シンプルに病んでます。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。