『よるとあさの歌』シンプルな、非常識。むせかえる濃厚さがクセになる。

あらすじ

 おバカ系チャラめボーカル × クール系天然ベース 

アイツの歌声を聴いてから、うるさく響く心臓、滾る欲望。

女にモテたくて仲間とバンドを始めた朝一。
そんな朝一がボーカルを担当している弱小バンドにサポメンで入ってきたヨル。
ライブの後のちょっとした「お遊び」の時に起こった一度のアヤマチ。
それをきっかけに、ヨルは朝一への想いを明らかにしていく。
「男同士なんて気持ちワリィ…」と嫌悪感しかなかったはずの朝一なのに、
衝撃的なヨルの歌声に思わず欲情し、場所を問わず乱暴にカラダを求める日々へと変わる。
朝一を一途に想い続けるヨルを軸に、
めまぐるしく加速する欲望、暴走する嫉妬、それぞれのキモチの行方は……?

進化し続ける鬼才はらだが描く2nd Qpa collection、解禁!

レビュー

はらださんの作品は短編だと長く感じて、長編だと短く感じる不思議。
長編の物語が「内容が薄くてすぐ終わる」というわけでなく、
短い期間の話を濃密に描いてくれるので、長編を読んでいてもページ数の割にだるさがない。
逆に短編だと、長い期間にあった出来事の要点だけを簡潔にまとめて話が展開していくので、
短いお話でも長い物語を読んだ気になります。
時間の扱い方がとても上手なんだと思います。

内容に関しては、いや~エロかった。
エロシーンはもちろんのこと、ライブシーンの熱と汗と迫力。
ライブと言えば、
「お客さんの声援や爆音、大勢の中で歌うことで興奮が高まって
ライブ中やライブ後に勃起してしまうことがある」

というアーティストの話も聞いたことがあります。
自分の意志とは関係なく性的興奮に繋がるのってなんだかエロい。

朝一(攻め)はそういった中でヨル(受け)に惹かれていきます。
気に食わない存在だったヨルの歌声(ヨルが所属していた元バンドの復活ライブ )を聴いてから、
ヨルに対しての興奮が治まらない。
ライブハウスのアンコール待機中にトイレでやっちゃったり、
出番の待機中に客席でやっちゃったり……!
女の子大好き根っからのノンケで若干ホモフォビアな朝一が自分の意志とは関係なく
ヨルに惹かれて興奮して、でも認めたくない俺はホモじゃないと葛藤します。
必死に抗おうにも、男が男に惹かれてしまうほどのパワーが萌えです。

ただそれだけで終わらないのがはらださん。
自分のことを好きなヨルや、取り巻きの女の子に好き勝手してきた朝一。
そんな朝一がオトシマエと称して凌辱される描写があるので、
エグい表現や攻めが犯される描写が苦手な方は気を付けて!

キャラクター

朝一

女の子にモテたいがためにバンドを始めた。
しかし作詞も作曲も楽器もセンス皆無なのでボーカルをやっている。
女の子に手が早く、いつもファンをつまみ食いしている。

ヨル

元々はボーカルだったが現在は朝一のバンドのサポメン(Ba)。
クールでかっこよくて女の子のファンも多いが、
歌っている時の尋常じゃない色気から男のファンも多数。
朝一の影響でバンドを始め、その頃からずっと朝一に憧れている。
誰とも付き合ったことが無く、童貞かもしれない。

しおり

バンド好きのキャバ嬢。ヨルが好き。朝一に気に入られてセフレになる。

いおり

しおりの兄。インテリ系893。ヨルの歌声を聴いて勃起して以来ヨルが気になる。

ストーリー ★★★★★
作画 ★★★★★
エロ度 ★★★★★
鬼畜893度 ★★★★★
物語に引き込まれる度 ★★★★★

おすすめ度MAX!



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。

『秋山くん』泣けてくるほどキミが好き。

あらすじ

 いじられっ子わんこ × クールなヤンキー 

「ずっと好きだったんです。助けてもらったあの日から――。」

『秋山くん』

不良グループの秋山君に恋した雑草系男子・柴。
思いあまって往来で告白すると、そこには秋山の仲間もいて……!
その流れで拉致され、柴も秋山も思いもよらぬスゴイ展開に!?
思い余って往来で告白した流れで取り巻きに拉致され、
柴も秋山も思いもよらぬスゴイ展開に!?
おふざけで始まったカンケイだけれど、次第に互いの心が通じ始めて――。

『秋山くん2』

秋山くんと交際(?)することになり、ウキウキの柴。
しかしその一方で自分と一緒にいることで、秋山が佐野を始めとした友人たちに
距離を取られたままなことが気になっていた。
そんな中、柴のクラスメイトの星間に、
秋山とのキス写真を盗撮されてしまう。
困った柴は、
“言うことを聞く代わりに写真をばらばかない”
という約束を取り付けるが、
そのせいで秋山と一緒にいる時間が減ってしまい…。

ケンカが強くて、
ちょっとゴーインで、
見た目もかっこよくて、
それとエロくて。
「秋山くん」の小悪魔な誘惑の数々に、
朴トツわんこは豹変しどおし。

新装版 秋山くん

新装版 秋山くん

新装版 秋山くん

[著]のばらあいこ

レビュー

すっごく昔にふゅーじょんぷろだくとの某コミックスの巻末の雑誌広告の一コマに
一目ぼれしたのばらあいこさん。
1巻が出た時はそれはもう狂喜乱舞でした。
そして先月ふゅーじょんぷろだくとから東京漫画者に移動し、
B6のコンパクトサイズになった新装版と2巻が発売。

クールでかっこよくてケンカも強くてちょっと不良で女の子に人気な秋山くん(受け)。
素朴でおどおどしてるけど秋山くんが大好きなわんこシバ(攻め)。
きっかけは道端で突然告白してきたシバを秋山くんの友人一同が拉致し、
友人たちによるシバへの性的いじりから、秋山くんとシバの公開セックス。
これにはさすがの友人たちもびっくりです。

それから秋山くんと友人たちは疎遠になってしまいますが、シバとは急激に距離が縮まります。
エロシーンはシバがよく暴走していて、見てるこっちが落ち着けと言いたくなるほど。笑
秋山くんもそんなシバを受け入れてくれるものだから、シバはもうメロメロ。
クールに見えて、えっちなことが好きでシバを翻弄する秋山くんが可愛いです。
しかし秋山くんの方もシバが補習やバイトで会えなくなるとイライラ。

2巻では秋山くんとの関係をバラされそうになったことから
シバが秋山くんを避けてあまり会いに来なくなり、
欲求不満でチーかまをお尻に入れてオナニーしてしまって
「だぁっっ!!チーかまなんかで…させやがって…シバのあほ…」
と、恥ずかしさとムカつきと虚しさでキレてるところには萌えつつ笑いましたww

秋山くんの家は父子家庭で、父親は仕事でずっと家にいなくてひとりぼっち。
学校もろくに行かないし、毎日つまらないことだらけの秋山くんでしたが、
シバと一緒にいるようになって、
「シバといるとなんかたのしい」
「シバが来ねぇとつまんねぇ」
と、心の隙間を埋めている感じに切なく、じんわり温かくなりました。
秋山くんを幸せにしたいシバですが、他人によって空いた心の隙間を自分で埋めるのではなく、
秋山くんを取り囲む問題(父親との確執や、友人関係など)が解決することを願っています。
そういった意味で相手を幸せにするって難しい……。
秋山くんの父親が登場したところで3巻に続きます。

キャラクター

柴大輔

高校一年生。独特でマイペースな性格のため友達はほぼいない。
コンビニでアルバイトをしている。家族構成は母・妹。

秋山佑二

高校二年生。気まぐれにカツアゲから託せてやった柴に懐かれ、付き合うことに。
午後からしか登校しないクールな少年。

佐野智美

秋山とは中学からの腐れ縁。
悪ガキ仲間としてつるんできたが、柴と秋山の性行為を目撃して以来、EDになってしまう。

星間慈音

柴のクラスの目立たないオタク少年。
秋山との逢瀬を写真に収めたことから、それをネタに柴を脅す。

ともみちゃん

秋山くんとシバのセックスを見てしまったことからEDになってしまった秋山くんの友人・智美。
セックスを見せられた苛立ちと、友達だと思っていた秋山くんが突然遠くに感じ、
きっと嫉妬に近いものが芽生えてしまったのだと思います。
そんな智美、それからというものの見てしまうのは自分も男に犯されるえっちな夢ばかり……!

あれやこれやとモブ2人に犯されて、秋山くんと同じ立場になって(夢では)嬉しいツンデレな智美。
相当激しいエロですが、秋山くんと智美は百合っぽいです。笑
2巻でも同様の夢を見てしまって、無意識にドM願望がある智美が本当に可愛い///
早く秋山くんと仲直りできるといいね! あと愛されてほしい!

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★☆
ほっこり ★★★★☆
エロ度 ★★★★★
性癖が刺激される度 ★★★★★

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。


駿河屋スタッフ募集中