『好きな人ほど』好き好き うるせえよ……/Part.2

あらすじ

 新人営業マン × 怖い先輩 

毎日口に出して言ってやる――好きだって

厳しくて苦手な先輩・米田と付き合うことになった新人営業マン・飯田だが、
恋人同士になっても米田の態度は変わらぬまま、
残業中にオレ様な態度で性処理を強要される。
蔑まれた態度に限界を越えた飯田は米田を避けるようになるが、
米田の態度が愛情の裏返しだったと知る。

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★☆
エロ度 ★★★★☆
萌え ★★★★★
キャラがツボ ★★★★★
好きなひとほど

好きなひとほど

好きなひとほど

[著]はらだ

レビュー




好きな人ほど』の続きです。
前回あんなに長々と語ったのに↑にあらすじまとめたら5行で済んだよ。笑
米田がびっくりするほどのツンデレだと知り、
毎日言葉にして「好き」と言ってもらう約束を交わした飯田でしたが、
投げやりに言われたりして甘い雰囲気にならない時もある。
そんな毎日も楽しいと、思える飯田でしたが、
二人の関係に気付いていた同僚の麦田に、米田に抱かれていることを白状させられ

「ねぇ、狙っちゃおうよ 下剋上」

(楽しそうに)そそのかされてその気になった飯田だったが……。

いよいよ下剋上です。
「先輩を抱きたいです。抱かせてください」
と正面からお願いする飯田でしたが、案の定米田は嫌がる嫌がる!
普段掘ってるくせにいざ自分が掘られる立場になりうることを自覚した瞬間の米田の表情が素敵。
「童貞捨ててえならどっか風俗でもいって捨ててこい!」
(飯田は童貞じゃないみたいなんですけどね……童貞だと思い込んでる米田可愛い……笑)
その言葉にカチンときた飯田はそのまま出て行こうとするが……引き止めてくる米田!
身体が咄嗟に動いたような感じで不安そうな顔で腕を掴むのですよ!! ときめく。
言い忘れましたがここ風呂場なのでいつもオールバックの米田の髪の毛が落ちてるんですよね。
それも少し幼いような色っぽいような感じでむら……むら……。
そのままいい雰囲気に持っていき米田のお尻を弄っていると、妙に感度がいいことに気が付く。
「もしかして経験あったりします?」
「あんなの、もう、無理だ 怖いんだ」
(経験あったんだ!?!? 一話で俺様してた時も非処女だったんだ……最高)
怯える米田に「俺で忘れてくださいよ」と半ば強引に挿入すると、ものすっごい感じてる!!
米田は感じてしまうのが怖いのかな……とても可愛い。
米田を安心させるようにか、気持ちを抑えられないのか、
「好き」を連呼する飯田に対して、
「くそ……好き好きうるせぇよ……」と抱きしめ返す米田でした。
米田が本当に可愛い。可愛いしか言わなくてすみません。可愛い。
酒の席で付き合うことになった関係だったけど、
徐々に相手のことをちゃんと好きになってるんだなぁ……と、しみじみ。

ちなみに、前回話した「米田が飯田に対して酷い扱いをした理由」は、
自分が過去男に抱かれていたことで、ボロボロになった男としての自尊心を持ち直したいがためだったみたい。飯田的には理不尽極まりないことですが、下剋上できたから……よしとしよう。笑
やはり男同士なのでどちらも攻め・受けになりうることですから、お互い相手を抱きたいと思っていたり、相手だったら抱かれてもいいと思ってしまう二人っていいですなぁ。
愛と男を感じます。

と、いうことで下剋上編終わりです。

次回は
過去に米田を抱いたのは誰!?
米田のデレゲージがぐんぐん上がる!?
飯田は結構いい性格している。
の三本です。
嘘です。さすがにひっぱりすぎですね。
その後の二人については是非ご自分の目で確かめてくださいましたら嬉しいです。
本当に本当に二人とも可愛いので!
ではではお付き合いありがとうございました!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ




『好きな人ほど』苦手な先輩、一皮むいたら可愛くて……/Part.1

あらすじ

 新人営業マン × 怖い先輩 

先輩を抱きたいです。抱かせてください!!!

新人営業マン・飯田は厳しい先輩・米田がちょっと苦手。
ある日飲み会の席でさえもお説教される中、話の流れでなぜか付き合うことに……!
しかし、”恋人同士”になっても案の定オレ様な態度で命令してくる米田に対し、
ついに飯田の堪忍袋の緒は限界を迎え――。
米田の尻を狙う取引先社長も参戦し、どうなる?!
波瀾万丈な下克上ラブ!

好きなひとほど

好きなひとほど

好きなひとほど

[著]はらだ

レビュー




あらすじを読んでめちゃめちゃ楽しみにしていました。
だって怖い先輩を後輩が下剋上ですよ!?
ワクワクが押し寄せてくる。
ちなみにリバ要素がすこーーーーしだけあります。
始めは攻め受けが逆ですが、そっちの描写は回想で1コマ位なので固定の方は安心してください。

あとはらださんにしては結構ライトな話なのですが、
妙にストーリー解説が長くなってしまいましたので2回に分けます。
読みやすいのに読み応えがすごい。

萌えポイント

社員が厳しい先輩を下剋上!!

怖い先輩が抱かれてエロくなるギャップ!!

意外にも先輩は後輩が好き…? ツンデレ!!

まず先輩・米田の顔も態度も言うことも怖い。
こんな先輩いたらストレスで会社行きたくなくなるよ……。
毎日毎日ノロマだとかクズだとか怒鳴られ主人公の飯田もビビってます。
しかし飲み会のノリで二人は付き合うことに。というのも半ば脅迫で。
その後、シラフの時にラブホに連れ込まれた飯田は
ほぼ無理やり米田に抱かれてしまいます。
怖い先輩だとは言え、かっこよくて仕事もできる米田は飯田の憧れの存在。
少し戸惑いつつも先輩の言葉を受け入れた飯田でしたが……。

先輩の態度が付き合う前と後で全く変わらない。

そんな中、今夜も残業を先輩に付き合ってもらっていたら、
お詫びにフェラをしろと言われる。
フェラというよりもイラマチオに近いものを強要され、
あまりのことに口に出されたものを飲み込めずに咽ていたら
「仕事じゃなんにも役に立たねぇし
おまえはこういうことしてる方がお似合いだな

処理係くん

と言われてしまう。そらないよ……。
その言葉にショックを受けた飯田は泣きながらその場を去るが、
残された飯田の涙にびっくりした米田は、
自分がどれだけ酷いことを言ったのか分かってないようで。笑
投げかけられた言葉に傷つくと同時に、米田の態度は変わらなくとも
付き合っていると思っていた(思いたかった)飯田は悔しいと感じ、
それから米田に何を言われても避けるようになる。
そんな二人の様子を見かねた部長が気を利かせて
「米田は自分といる時は君の話ばかりしてくる」
「君は米田のお気に入り」
という話をしてくれる。
部長によると、好きな子にイタズラしたがる小学生の様だと言う。
それに対してやっぱり嬉しいと感じる飯田でしたが、そう思ったのも束の間、
いつも以上に怖い顔をした先輩に「なぜ避ける」と詰め寄られてしまう。
いやいやいや、避けるでしょ! とツッコミを入れる私でしたが、
米田は本当に分かっていないようで……焦っていて可愛いです。
「ちょっと(ちょっとじゃない)叱ったくらいで
ベソベソしやがって(そら泣くわ)女々しいんだよ!
当てつけみてぇに人のこと避けるわ(そら避けるわ)
ガキみたいなことしてんじゃねぇよ!(どっちが…笑)

こんなに理不尽な先輩ですが、なんだか憎めないんですよね。
だって妙に一生懸命で飯田のこと好きみたいなんですもの!
(ちなみに米田が飯田に酷いことをしてしまうのは理由があるので、それはまたのちほど)

「僕のことからかって楽しかったですか?」
と涙ながらに訴える飯田に米田が焦るのなんのって。笑
「テメェは俺にどうしてほしいんだよ!!」
と言う米田に対して、言葉が欲しいという飯田は、
毎日米田の口から「好き」という言葉を貰うようになる。

ここでやっと1話30ページが終わります。
読み応えすごい……あんまり長々と語るのもアレなのですが、
まだここまでは米田が攻めで飯田が受けの状態なんですよね。
ひっくり返るところまでは書きたい……!
のでもう少しだけお付き合いくださいませ。

下剋上回に続きます。

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★☆
エロ度 ★★★★☆
萌え ★★★★★
キャラがツボ ★★★★★

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ




『Call me,Call.』大切にされたい、必要とされたい、愛されたいと願う心に。

あらすじ

 デリヘルスカウトマン×ノンケ就活生(リバ)

変われない…ずっと…あの…16の夜のまま――……

ゲイ向けデリヘル「コール・ミー」のやり手スカウトマン・巣我は、
就職浪人中の生真面目で善良そうな陸に声をかける。
誰かに必要とされたいと願う陸につけこむように始まった関係は、
時と共にささくれた巣我の心を優しく撫でるようになるが、
やがて巣我の忘れたい過去を呼び起こし―。

レビュー

以前私のBL史に名を刻んだ『コオリオニ』の梶本レイカさんのお話です。
レビューに入る前にひとつ吉報が!
2016年10月8日付のご本人ブログにて活動再開のお知らせがありました~~!!めでたい!!
これからも新しい作品を読むことができるのはとても嬉しいです!
今後一層のご活躍を楽しみにしております。
(ブログの日付が20016年になっていたので、嘘じゃないよね……?と不安になりました。笑)

Call me,Call.』は「恋愛はしない」と公言しているゲイ向けデリヘルのスカウトマン巣我と、巣我が目を付けた再就職活動中のガソリンスタンド店員・のお話。
巣我と陸、それぞれが抱えている傷や弱さを舐め合うのではなく、自分と向き合い、お互いを癒していける強さが魅力でした。
舐め合うのもそれはそれで好きなんですけど、今回はわりと前向き……?(あくまでも『コオリオニ』と比べて)なお話なので!
ストーリーはシリアスで、ヘビーな過去もセットです。アンハッピーセット。
萌えあり、涙あり、カバー下に笑いあり、読み応えもバッチリで、あまり陰鬱とせずにただただ幸せを祈りながら読んだ一冊でした。

カップリングは巣我×陸固定だと思いきやリバで、知らずに読んでびっくり!
とてもよかった……!可愛かったし、愛を感じました。

そしてまたしても舞台は北海道です。ススキノ!
以前も言いましたがやはり北海道には独特の雰囲気を感じます。
地方が舞台のお話にはこの世にいる人それぞれにドラマがあると思わせてくれて私は好きです。

ストーリー ★★★★☆
エロ度 ★★★☆☆
ヘビーな過去度 ★★★★☆
みんな幸せになって欲しい度 ★★★★★
読了後の幸福度 ★★★★★



主要人物

巣我 博

ゲイ向けデリヘルのスカウトマン。恋愛はしない主義。
誰に言い寄られても「インポだから」と嘘をついて交わし、のらりくらりと生きている。

荻野 陸

勤めていた会社をクビになり、再就職先を探しながらガソリンスタンドでアルバイトをしていた23歳。
素朴で素直。スタンドの常連だった巣我にのせられてデリヘルで働くことに。
巣我に優しい言葉をかけられ、必要とされることに喜びを感じて巣我のためにどんなに苦しいことも耐えようとする。ちょっと心配になるくらい健気。

結末

サブキャラが可愛い

巣我が働くデリヘルの店長、マコちゃん(元カノ)、リカ(デリヘル嬢)がとても可愛い!
特に店長のオカマキャラが物語を終始和ませてくれます。みんな幸せになれてよかった……。
描き下ろしではちょっぴり未練があるらしいマコちゃんの勘違いがぶっとんでて笑いました。笑

私事ですが

ブログ村に登録してみました!
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。

『ドラッグレス・セックス』その症状は相手に対する好意の強さに比例する。

あらすじ

 オムニバス 

貞操には十分ご注意ください。

罹患すると性別を問わず患者自身に好意を持つ者に対して性的興奮を誘発させる、
原因不明のアレルギー「フェロモン症」。
その症状は相手に対する好意の強さに比例する。

オフィスデリの店員の性的視線に怯える堅物サラリーマン、
「フェロモン症」を利用し女とヤリまくるヤリちん男子、
自ら「フェロモン症」の治験者となり特効薬を開発する研究者達など、
奇病が巻き起こす激情とエロス(&ラブ?)をコミカルに描いたハイテンション・オムニバス!!

レビュー

とりあえずエロいのが読みたくて手に取った作品。

前述したとおり、[フェロモン症]とは
罹患すると性別を問わず患者自身に好意を持つ者に対して性的興奮を誘発させる、近年増加中の新たな国民病。
自分に好意を持ってる相手を自分の意志関係なく誘っちゃうということですね。
オメガバースの発情期みたいなものかと思ったら罹患者はムラムラしてるわけではないみたい。
つまりいつも通り通勤してたら痴漢されて「おまえが誘ったんだ」みたいな状況になってしまうのでしょう。
とんでもない病気だ。

疑問なのがフェロモンに反応したら抱きたくなるのか抱かれたくなるのかというところですね。

表題作はお弁当屋さん×インテリ、オタク×ヤリちん、科学者×助手(リバ)の3組のカップリング。
とにかくエロいらしいということで期待を胸にいざ。

ストーリー ★★★★☆
作画 ★★★★★
エロ度 ★★★★★
体液度 ★★★★☆
満足度 ★★★★★
じわじわ笑う度 ★★★★☆



『ドラッグレス・セックス』

杉野と桧木

 弁当屋×リーマン 

誰にも好かれることのない自分が「フェロモン症」に発症しても何ら問題ない。
ただ一人を覗いては。
「フェロモン症」 に罹患してしまったサラリーマンの桧木さんは、オフィスデリの青年・杉野から向けられる好意に戸惑い、警戒しています。
杉野の視線から逃れるためにトイレに逃げ込むと杉野が追いかけてきて、そこで桧木さんは杉野に指摘されて自分が勃起していることに気付き手コキされてしまいますが、実は杉野も「フェロモン症」に罹患していて、桧木さんに対して自分のフェロモンで反応させちゃったからという義務感で触ってあげたのだと言う。
杉野に好かれていたと思っていたのに実は勘違いで、そのショックからいつの間にか杉野のことを好きになってしまっていたのだと、失恋と恋の自覚を同時にして思わず泣いてしまう桧木さん。
自分に向けられる杉野のあの笑顔に理由なんてなかったのだと。
ここ、切なくてキュンとしました。
杉野もキュンときたみたいで桧木さんのフェロモンに反応。
反応してしまったのは「つまりそーいうワケだから」。

第2話ですが両想いになってからの杉野甘ーーーーい!!
両想いなんですけど、杉野から好かれている自信がない桧木さんがセックスの時に自分ばっかり好きで抱かれておかしくなって苦しくて「ぼくも杉野くんに好かれたい」と泣きじゃくる姿は萌え以外の何物でもない!!
ちなみに抑制剤なしのセックスはすごいです。

描き下ろしは桧木さんが積極的で興奮しました。

辰見と戌井

 オタク×ヤリちん 

ヤリちんが痛い目に遭うお話。とっても可愛いです。好みのお話です。
女の子とヤリ目的にフェロモン抑制剤を飲まない辰見(受け)。
同じクラスだけどろくに話したこともないオタクの戌井(攻め)が自分のフェロモンに反応していると知り、興味本位で咥えさせるが……。
自分のフェロモンのせいで戌井が絶倫化してしまいヤリ殺されてしまいそうです。
苦しくて苦しくて「くすり(抑制剤)のましてぇ…」って言うところには大興奮!
これから女の子で満足できないくらいに身も心も愛されるといいよ!

無良と薬師寺

 科学者×助手、助手科×学者(リバ)

3組それぞれ可愛かったですが、やってくれましたなと思ったのがこれ。
「フェロモン症」を研究している二人のお話です。
はじめは研究室の先生(フェロモン症罹患者)が助手をフェロモン反応の研究として抱きます。
フェロモン反応者の精液のサンプルを摂取するために事務的にお尻を弄られて、上手にイけたらご褒美挿入。
迫られて「勘弁してください」と言いつつ先生のことが好きなので興奮を抑えられない助手が可愛いです。
次は先生が助手のことを意識しはじめ、助手のフェロモン(いつの間にか助手も発症)に反応してしまい……!
さっきまで助手にオラオラ迫ってた先生が今度はトロトロに♡
抱かれながら先生が仮説を立て始めたのは面白かったです。笑

『駄目な男』

 カフェ店員(ゲイ)×離婚寸前のリーマン(ノンケ)

『好きにしたいよ』

 ワイルド系×変態ストーカーお兄さん 

幼馴染で年下攻めと攻めを溺愛しすぎてストーカー化しているお兄さん受けのお話。
生まれた瞬間から真澄(攻め)に恋した藤生(受け)、二人は同棲している恋人同士です。
子どもの頃の真澄の写真を引き伸ばして壁中に貼った部屋でセックスをして興奮している藤生。
藤生が自分の変態っぷり(自覚なし)を包み隠さず赤裸々に真澄にぶつけているのが面白くて可愛いです。
生まれ変わったら君の赤血球になりたい…!
1話は短めで、藤生の度を越した変態性と真澄が自分を溺愛しすぎる藤生に引きつつなんだかんだで二人が愛し合ってるのが分かります。

2話は二人の馴れ初めと両家に勘当されるまでのお話。
高校生になって藤生の異常さに気付き、鬱陶しく思い邪険に扱いだした真澄はクラスの男子から
そいつ真澄に彼女が出来たらどうすんの?」「刺されるんじゃねーの?
という言葉で藤生に嘘をつきます。
この時、藤生が駄々をこねるようならきっといつも通りに邪険に扱っていたかもしれないし、嘘をついたまま突き放していたかもしれないですが、藤生は
セックスはした?」「真澄の精子で作った子どもぼくにちょうだい
と言ってきます。自分じゃなくてもいいと言われたようなその言葉に逆上した真澄は
俺の代わりにして今度はそのガキにお前のその狂った愛やんのかよ」「殺してやる
首絞めからのセックス!!
首絞められても嬉しそうな藤生はさすがだし、夢にまで見たセックスはこれ以上にないくらい興奮しています。
真澄も藤生に自分だけを見ていて欲しいという執着が伝わり、言葉責めし(罵り)つつかなりがっついてて萌えます。
両家に二人の関係がバレて責められてしまうのですが、今までの藤生のストーカーっぷりから真澄がたぶらかされたような状況になっていて、黙らせるために真澄が二人のハメ撮りを再生。
藤生も絶句。
ひどいよ真澄ちゃん…!!ハメ撮りOKだったなら言ってよ!
そこかよ!(思わず真澄と一緒にツッコミ)
ご両親はひたすら不憫です……。笑

そして現在、昔のハメ撮りを見返して愛を確かめ合う二人(バカップル)でした。

満足度

期待通りどのお話も濃厚でお腹いっぱいです。
筋肉のしっかりした肉感的な男たちが狂ったようによがり感じてる様は眼福。
涙鼻水涎アヘ顔も自重しません。最高です。
攻めも興奮して必死に抱いてる感じが伝わってきてとってもよかったです。
更にストーリーも面白くて大満足の内容でした。

作者さんの作風なのか、受けがしっかりしているようで天然な子が多くて所々で笑ってしまいました。
シリアスな雰囲気の中でギャグ要素があるお話しはとても好みです。
実は「マザーズ スピリット」も買ったまま積んでいるので早く読まねば。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。