おすすめ 濃厚エロBL

『ポジ』アッパー系アホエロ満載のポジティブ

あらすじ

 オムニバス 

またケツの穴に太いのぶちこんで欲しくなっちゃった?

ハンパない舌テクで数多くの男女をイかせまくり、ついた通り名は「救世主(メシア)」。
他人にケツは貸さない主義だったけど、行き擦りの自称ED男に騙されてハメられた上に、
ケツの快感が忘れられず(!?)、更には諸悪の根源の男が再来……!?
メシアシリーズの他、見た目だけ若くて美しい老博士と彼にまったく従わないアホ助手がエロティックテクノロジー開発に全力を注ぐ「宇宙のもずく」や「変愛」シリーズなど、
アホエロぶっとばしの“ポジ”な世界観をとことん凝縮したはらだ待望の作品集!

こんなのあり?!――ありなんです。
ハイテンション! ハッピー!
まじキチ! を詰め込んだ一冊
日常の鬱を忘れられる、ニューエイジBL

BL界を切り開くパイオニアはらだが描く明暗、
二冊同時刊行ネガティブもポジティブも、贅沢にどうぞ。

レビュー

はらださんの2冊刊行! 先に『ポジ』を読みました。
はらださんの魅力は何と言っても話のテンポの良さと感情表現。
勢いが良く丁寧かつバリエーションが豊富で、
キャラクターの感情に飲み込まれてしまう魅力があります。

あとはやっぱり

エロス!!鬼畜!!言葉責め!!

汁気、快感に悶える受けの表情と鬼畜だけど結構必死な攻めの表情は眼福です。
攻めの言葉責めの多さは本当にすごいです。
しかも具体的。セリフの多さはページを埋め尽くすほど。
中毒性の高い興奮を得たい方にはおすすめの作家さんです。

今回はそんなはらださんのタイプをアッパー系の『ポジ』とダウナー系の『ネガ』で二極化。

収録作品は三作品でメシアシリーズ、変愛シリーズは過去作『変愛』からの続編です。
前作を読まなくても楽しめる内容になっていますが読了済みだともっと楽しめると思います。
宇宙のもずくシリーズは身体は美少年、頭脳はおじいちゃんの博士と鬼畜助手が繰り広げる足のすくい合いのお話。
とにかくぶっとんでるのでアホエロで頭カラッポにしたい方は『ポジ』をどうぞ!

ストーリー ★★★★☆
エロ度 ★★★★★
面白度 ★★★★★
ぶっ飛んだ設定度 ★★★★★
楽しく生きられそう度 ★★★★★




『メシアの凶日』『メシアの選択』

 モサ系タチ食い鬼畜 × タチ専テクニシャン 

【受け】救世主(メシア)
攻に処女を奪われた元タチ専テクニシャン。

【攻め】モサ男
ヘタレのインポを偽りメシアに近づいたタチ食い男。メシアの処女を奪った。

男女問わずインポや不感症に悩む人々をその舌技で快感を誘い救って来たメシア。
治療と称して高額な金額を対価として要求してきた彼は、
いつものように治療のためにフェラした男にまんまとハメられハメら(犯さ)れてしまった。
(『変愛』収録『メシアの厄日』のあらすじ)

『メシアの凶日』

モサ男に抱かれてイッてしまったことに屈辱を感じ続ける日々を送るメシア。
友人に愚痴をこぼしているところに現れたモサ男から逃げようと、
駆け込んだトイレの中で素股をされてしまいます。
素股されて反応しちゃってるメシアが可愛いのなんの~~!!
モサ男がイったらトイレにほったらかしにされて一人で慰めるのですが、
お尻が疼いちゃって仕方がないメシア。
「……欲し…、くそ…、むかつく…っ」
とても可愛い。
イッたらまた苛立ちが込み上げてきて友達の元へ戻ろうとするのですが、外でメシアが出てくるのを待ってたモサ男にイク時の声聞かれてしまい、またしても屈辱を味あわされるのでした。
モサ男の焦らしプレイがお上手で萌え!!

『メシアの選択』

いつものバーで飲んでいると友人とモサ男が話していて、実は友人がモサ男に自分をレイプするように頼んだ、という話を聞いてしまいます。
ショックで逃げ出すものの、モサ男に捕まってしまうメシア。
「むちゃくちゃしてくるやつだと思ってたけど、
ちょっかいだしてくるってことは俺のこと気に入ってるのかと思っちゃって、
少しでもそんな気になっちゃって、ばかみてぇだ」

そう泣きながら訴えますが、
友人に裏切られたことより、モサ男が自分に手を出してきたことが依頼だったということにショックを受けているのかと指摘されて、自覚させられます。
素直になれないメシアですが
「そのつもりだったけどヤッてる間に欲しくなっちゃって、我慢したけど無理だった」
というモサ男の告白に絆されてしまいます。
からの駅弁(青姦) !!
メシアがわりと小柄なので軽々と持ち上げられちゃってます。
二回目なのに挿入されただけでイっちゃって、感じちゃって、萌え……!
キスして揺さぶられてトロトロになりながらも弱々しく
「おまえなんかきらいだ、きらいだ」
と、説得力のない悪態をつくところがとっても可愛いです。
モサ男が愛しそうに言葉責めしているところも興奮。

『宇宙のもずく』『宇宙のもずく!』

 鬼畜助手 + 美少年爺 

近未来SFギャグエロです。
アダルトグッズを開発し一攫千金を得ようとする博士とその助手。
博士の見た目は儚げな美少年なのに80歳、老眼、総入れ歯、喋り方が「~じゃよ」「わし」「おぬし」等の口調で所謂ショタじじいと呼ばれるものですな。
助手は博士の命令に従わないクール(聡明そうに見えるが実際は別にそうでもない)な美形で、助手の立場でありながら博士に対して威圧的。
そして鬼畜。ちょっとアホ。
3話とも助手が博士をいたぶる描写はありますが、
挿入はなしなのでカップリングは+にしておきました。

『宇宙のもずく』:触手

秘密裏に手に入れた触手の生態を調べ繁殖させようと助手に触手を体験させようとするが、
助手によって博士自らの身体で触手を体験することに。
催淫作用のある粘膜を全身に浴びながらの
乳首責め+亀頭責め+尿道責め+前立腺責めの四点責め!
とにかく触手の仕組みがえぐい。
特に乳首攻めのための触手と性器を刺激する触手の形状がえぐい。
助手が逐一具体的に説明してくれます。
触手に蹂躙される博士の表情がぐちゃぐちゃでエロ……!汁でドロドロ……!
散々な目に合された助手に報復するために痺れ薬を注入するも、
最終的には二人一緒に触手にアッー!!

『宇宙のもずく!』:全自動搾精機

博士が栽培したセルフフェラのために性器が取れるようになるきのこを食べてしまった助手。
グロは一切なくポロリと取れちゃっています。
ちなみに断面をくっつければすぐに元通りになるそうで安心。
しかし博士は前回の触手の仕返しをしようと、助手の性器を全自動搾精機にぶちこんで一時間のタイマーを掛けます(一時間は絶対に止められない)。
全自動搾精機は牛の乳搾りを参考にした、
一点集中一定の間隔で延々と精液を搾り取ってくるマシーン。
サラリとした美形の助手が悶えてる姿はエロス!
そんな中助手は渾身の力を振り絞って博士にきのこを食べさせ博士の性器を尿道プラグ付きの全自動搾精機にぶち込みます。タイマーは明日の朝まで!

「ワシ死ぬ!!!!」

仲良し。笑

『変愛 不毛変』

 振り回され系ドS × 変態系お兄さん 

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL漫画感想へ
にほんブログ村

ポチっと押して頂ければ嬉しいです。

-おすすめ, 濃厚エロBL

この記事をシェアする!

こんな記事もオススメ

1
ボーイズラブ名作選 ~BLの歴史、予備知識編~

目次BLの歴史耽美JUNEやおいボーイズラブ(BL)まとめ こんにちは、aomiです。 儚げな受けが桜によって攫われてしまいそうな不安に駆られ、 攻めが思わずその手を取る季節が...

続きを読む

2
【番外編】『大島薫先生が教えるセックスよりも気持ちイイこと』男性も女性ももっと知りたいオトコの身体

目次あらすじレビュー 今回は漫画ではなく、実用書(?)です。 801はファンタジー! 生々しいことや具体的なことは勘弁! という方もいらっしゃると思いますので、 苦手な方はブラ...

続きを読む

3
『かわいい悪魔』悪魔のごとき美貌で悪魔よりも凶悪!

目次あらすじレビューキャラクターストーリードラマCD2巻『いとしい悪魔』3巻『こいしい悪魔』スピンオフ あらすじ  俺様(天使→美形)× 優等生 ...

続きを読む